補修日記 窓枠

傷補修前
010 (2)
傷補修後
011 (2)
コメント
繁忙期も終盤に入りました、1日平均5件ほど電話が入ります
なじみのお客様、初めてのお客様、時には新聞社、出版社、テレビ局などからも取材の電話が入ります、
本日の補修も額縁、窓枠の補修例です、
綺麗に直りました、弊社スタッフの施工です。
一日軽く50箇所は補修します、深夜3時まで続き300箇所補修した経験もあります。
今日の現場はマンションです、部屋数も多く補修箇所がたくさんございます、中型の物件です。
今日は窓枠、額縁の傷補修が大半です、
こちらの物件はサッシの位置調整があり、その際に傷が付きます。
朝から夕方まで延々とこのような補修作業が続きます。
いつもの事ですが、ここで直らない場合は部位の張り替えもしくは交換作業となります、材料の手配、職人さんの手配、搬入、施工、多大な費用と時間を要します、竣工に間に合わない可能性もございます、、、
傷補修工事で済めば短い手直し期間と大幅なコスト削減が実現できます、
今日もお客様の利益を考え、笑顔を絶やすことなく責任を完遂できました、スタッフもよく頑張ってくれました。
感謝、、、、
庭のさくらんぼの木が満開になりました
002

補修日記 イタリアン アラビアータ

小生イタリア料理が大好きです、日本で有名なシェフに落合務さんがいらっしゃいます、
彼のレシピで料理します、アラビアータです。
毎週作っております(作らされて、、、、)
作業手順ならぬ料理手順!(2人分)
001
まず、にんにく(青森六片)を薄くスライスします、フライパンを傾けてオリーブ油で強火にかけます
泡が出てきたら中火もしくは弱火にしてきつね色になるまで待ちます
002 (2)
いい色になったら火を消して、赤唐辛子を半分に切って2個分計4個入れましてしばらくほおっておきます
パスタはドロ様パスタを使います、太くて最高の麺です!長崎から取り寄せています、、、
お湯3Lに対して塩45g(厳守)これにより塩味がパスタに浸み込むわけです(沸騰してから投入)
003 (2)
トマトピューレ300g程度をさきほどのフライパンで強火にかけます(赤唐辛子はよけます)
004 (2)
パスタが茹で上がったらチーズのパルミジャーノレッジーノ(30g)と共にソースとあえます
005 (2)
できあがり!!
006
おまけ
007 (2)
チーズ右が新品 左が使いかけ、キッチンペーパーに包んでジップロックに入れて
湿気から守ります(カビ対策)

補修日記 鏡面 システムキッチン

傷補修前
020
傷補修後
021
コメント
システムキッチンの傷補修です
傷は小さいですがユーザー検査で上がってきました
直さなければなりません!
作業手順
ピアノのような仕上げで高級品に多く使われるものに似た仕様です。
樹脂を入れて色を付け、全艶塗料の吹きっぱなし仕上げでいきます、、、
手間をかける場合
ウレタン塗装からの丹念な磨きにより、水を張ったような仕上げが可能となります。
ウレタン吹きつけ塗装から完全硬化を待って磨きバフ掛け。
硬化時間はいかに粒子の細かい吹きつけができるかにかかってきます、、、
ここらへんに道具に良し悪しが現れます、、、

補修日記 TV局 リハーサル

傷補修前
010
傷補修後
012
某テレビ局ディレクター
009
コメント
今日は某テレビ局のリハーサルにてディレクターが同行されています
ドアの傷です、エポキシパテを入れ込んであり、除去するのが大変でした、、、
作業手順
 当然色が合っておらず、面も出ていないエポキシパテを傷が広がらないように丹念に削り取ります
今回はポピュラーにハードワックスで面を整えました
次に顔料で木目書き、ぼかすためにエアーブラシを少し入れました
木目が薄くなるため再度木目を入れていき最後に艶調整をして完成です
写真では補修箇所が少し透けて見えますが、肉眼ではわからないレベルまで直っています
今日はテレビ局クルーもみえて賑やかな現場でした!

補修日記 フローリング 名古屋市

傷補修前
006
傷補修後
007
コメント
無垢のフローリングです
タイヤ痕です、長時間置かれていて木部に完全に染み込んでしまっています
何をやっても取れません、書き込んで消していきます
細部まで筆で書き込んで仕上げていきます、部分部分で
僅かに色が変わっています、その色を再現していくのが我々補修屋のしごとです、私の仕事ではありませんがいい仕事です、、、
弊社スタッフが頑張ってくれました、
私はテレビ局の取材打ち合わせで別の現場に入りました
詳細が決まりましたらまたご案内させていただきます、、、
収録はやはり緊張します、カメラクルー、リポーター、総勢5~6名来られるそうです、、、

美術品 除カビ

除カビ前
004
除カビ後
007
001
コメント
弊社 環境事業部の仕事です。
有名な書家による作品です、
作業手順
046
カビ検査 検査報告書の作成 カビの除去作業 防カビ作業 カビ再検査 検査報告書の提出 完了となります。
このような作品の場合 落款印のニジミ防止が重要になります、二重 三重に防止策を施します、、、
最後に額縁の傷を補修して全塗装(鏡面仕上げ)をしての納品になります
弊社は除カビのほか防カビに加えて額縁の傷補修もうけたまわっております。作品、額縁共に美しく仕上がります。
除カビ前
008
除カビ後
securedownload
せっかくの名画、美術品も額縁がカビていては台無しです、除カビしてはじめて美しさが蘇ります、弊社の除カビはカビ菌の根から根絶致します。
securedownload
除カビ前
securedownload
除カビ後
005
securedownload

補修日記 ビス穴 名古屋市

傷補修前
012
傷補修後
015
傷補修前
013
傷補修後
014
コメント
とあるマンションの窓枠です
二重サッシでしたが、わけあって一重サッシに変更されました
サッシ跡が当然出てきます、ビス穴です、上下右左の窓枠に4箇所ずつ、計16箇所
2部屋ございますので 計32箇所!
まさしくビス穴のオンパレード!
半日仕事です。
作業手順
ビス穴の場合、穴の周辺がもりあがっています、それをカッターナイフもしくは彫刻刀で削り落とします
あとはいつも道りハードワックスを充填してしっかりと面出しをして
木目を書き込みます、ハードワックスの色がしっかり合っていれば木目書きは必要最小限で抑えられます
あとはクリアを吹き付けて完成です!
お施主様 監督様もOKをいただき、次の現場へと向かいます、、、
今回も補修で完璧になおりました、ここで直らない場合は窓枠ごと取替え作業となります、材料の手配、職人さんの手配、搬入、施工、多大な費用と時間を要します、
傷補修工事で済めば大幅なコスト削減が実現できますし納期を守れます。

風の電話

皆さんは 風の電話 をご存知ですか?
東日本大震災で1200人余の命が失われた岩手県大槌(おおつち)町の海を望む高台に、電話線がつながっていない電話ボックスがあります。それは会えない相手に想いを伝える「風の電話」。
yjimage
岩手県大槌町の海を見下ろす丘に置かれた「風の電話」。
震災で会えなくなった家族や友人ともう一度言葉を交わしたいと願う人々がここを訪ね、
線のつながっていない受話器を通じて「会話」をする。
東日本大震災から5年。
復興は進んでも、大切な人を失ったことで前に進めずにいる人はまだ多くいる。
口に出せない思いを抱えた人たちにとって風の電話は大切な支えになっている。

そこには備え付けのノートがあります。
「会いたくて会いたくて、声が聞きたくて、来ました。
 もう痛くないよね、苦しくないよね、、、」
そんな言葉がきざまれています、、、

実は私の息子はあの時、あの場所にいました、、、24四時間たっても連絡がつかず、覚悟 しました、、、
彼は乗っていたであろう自転車と共にあの海の深みにのみこまれてしまったのかもしれない、、、と
しかし息子は生きていました、、、24時間が少し過ぎた頃 電話が入り、息子の無事を確認したのです。

そんな経験から東日本大震災は人事ではありません、、、

家族を亡くしてしまった方々の声が今も聞こえるようです
 
そのような方々がその肩の荷に耐えられるようにお祈りしています、、、。

補修日記 番外編!

傷補修前(信じられませんが同業者の仕事)
003
とりあえず木目のつもり部分を除去しました、ハードワックスらしき物が出てきました
この段階で色が合っていません
005
傷補修後
004
コメント
こちらの現場はゼネコン様からの依頼で弊社が造作、床、サッシのほとんどの傷を補修しました
しかし1日か2日だけ工事を担当した関係会社から傷補修業者が1人入りました
あえて名前は出しませんがこれはひどいと思います、
当初、弊社のスタッフかと思い、確認したところ担当者が「私はそんな仕事をした覚えは一度たりともありません!」
怒っております、、、ゼネコン様に確認したところ、事情がわかった次第です。
いろいろな方が現場にはいらっしゃいます、、、

補修日記 ドアノブ 一宮市

傷補修前
006
007
傷補修後
008
コメント
アルミ製ドアノブの補修です
傷は小さいのですが表面のクリヤ層だけでなく下地までいっています
作業手順
簡単と言えば簡単です、サンドペーパーで削りこんでから
単純に同色を吹きつけ塗装します、スプレー缶でも直りますが
ガン吹きしたほうが塗料の粒子が細かくなり仕上がりが美しくなります
ステンカラーで黒を多めに使いました
完全硬化を待ってコンパウンドをかければ手触りも問題ありません
毎日触れるものですからそこらへんの配慮も必要です。
他にも造作部分の傷補修も多々あり、今日も忙しく立ち回ります。
今日はこちらの現場以外に2現場で補修もしくは監督仕事をこなさなければなりませんでした。