補修日記 フローリング 名古屋市

傷補修前
027
傷補修後
028
コメント
平凡な仕事です、賃貸マンションのフローリングの傷多数。
作業手順です。
傷ついた周辺をならしてから
ハードワックスを入れます
木目を描いてから艶調整、必要ならワックスを掛けます。
写真を元請け様に送って確認していただきます。
OKをいただいて撤収です。
しかしながら
ここで直らない場合はフローリングの張替え作業となります、材料の手配、職人さんの手配、搬入、施工、多大な費用と時間を要します、
傷補修工事で済めば大幅なコスト削減が実現できます、
今日もお客様の利益を考え、笑顔を絶やすことなく責任を完遂できました
感謝

補修日記 金属サイディング フッ素系

傷補修前
080
078securedownload
傷補修後
securedownload
コメント
医療施設
金属サイディング アイジー工業製 ガルバスパンNEO-Jフッ素 です 
当て傷です、写真では小さく見えますが周辺がくぼんでしまっています
フッ素系塗装です、このままではパテも塗料も乗りません。
作業手順
マジックロン#240で目荒らしをします
ポリパテで整形します、波状に整形します。
うまくいきました!
下塗り ハイポン20デクロをハイポンエポキシシンナーで5%程度希釈 吹きつけ
中塗り デュフロン4Fセラミックを塗料用シンナーで10%程度希釈 吹きつけ
上塗り デュフロン4Fセラミックを塗料用シンナーで10%程度希釈 吹きつけ
それぞれ常温で3時間は乾燥に時間がかかります、
当然ヒートガンの出番です、
手順は弊社のスキルを生かして多少変えます、、、
うまくいきました!
先生の 上手! のお言葉を頂いてめでたく作業終了です
この金属サイディングは平面の場合は過去に補修例があるそうですが
波板状は初めてだそうです、
補修で直らない場合、そうとうな金額で取替えとなるそうです、、、
本日も無事補修で終わりなによりです、、、、

補修日記 アルミ 西尾市

傷補修前
023
020
傷補修後
021
とある金融関係の建造物のアルミの傷補修です。
細く深い線傷がついております、直線きずです。
まず全体をアルコールで拭き掃除をしてから本番開始です
ポリパテを使います、
プラサフは吹きません、ヘアラインが消えてしまうことを避けるためです、薄くつくった同色塗料の吹きつけ塗装をします、簡単そうで簡単ではありません、、、外部ですから強度も考える必要があります、そして完成です。
監督のOKが出ました、1時間程度の作業です。
次の現場へ向かいます、毎年のことですが繁忙期は4現場5現場こなすこともあります、走行距離も一日200kを軽く越えます、
社用車のプリウスは18万kを越えました!ここまでくると乗りつぶす覚悟です、、、
今回も補修で完璧になおりました、ここで直らない場合はアルミの部位ごと取替え作業となります、材料の手配、職人さんの手配、搬入、施工、多大な費用と時間を要します、
傷補修工事で済めば大幅なコスト削減が実現できますし納期を守れます。