カテゴリー別アーカイブ: 未分類

補修例 ジョリパット

キズ補修前

キズ補修後

コメント
すっかりポピュラーになったアイカ工業ジョリパットの補修です
写真ではわかりにくいのですが
ところどころ色も面もおかしなことになっておりました
弊社はジョリパットの塗りつけ経験がありましたので
その経験が補修の役立ちました、
弊社主任の仕事です、20箇所ほどございました。
水分量が最も重要になります。

年始のご挨拶

明けましておめでとうございます!
昨年は飛躍の年になりました
お客様は法人個人様共に大幅に増えました
特殊な劣化した木製玄関ドア、スチール製玄関ドア、ステンレス関係、
大きなコンサートホール、JRタワー、上場企業様のショールーム等々難しい案件も
確実にこなしてまいりました、
クレームの発生もほとんどございませんでした
今後も益々のスキルアップに励み建築業界に貢献してまいります。
              
                 代表取締役社長 里見博之

補修日記 自転車!

キズ補修前
027
028
キズ補修後
securedownload
コメント
依頼されれば直せるものでしたら直します!
ドイツ製の高級折りたたみ自転車 Birdy BD-1です
Birdy の生みの親、ハイコ・ミューラーとマーカス・リーズは、ドイツの名門ダルムシュタット工科大学で 出会った。乗り手として自転車ライフを楽しんでいた 1992 年のある日、マーカスがハイコに見せた、 一風変わった自転車の厚紙模型。この模型をもとに2 人で作り上げたプロトタイプこそ、「世界で最初のBirdy」だった。このプロトタイプは寄せ集めの部品から構成され、外観こそ洗練されていなかったものの、現在と同様の折りたたみ機構と前後サスペンションを装備。 つまり、「メインフレームはそのままに車体を折りたたむ」 という画期的なアイディアが既に盛り込まれたいた。このアイディアを思いついたきっかけについて、マーカスは「どこにでも持って行けて、どんな場所でもすぐ に乗れる自転車が欲しかった」からだと語る。
翌1993年には細部をブラッシュアップした試作車が 完成、欧州最大の自転車ショー「ユーロバイクショー」に出展、高い評価を獲得。そして1995 年、ついに製品版のBirdyが発売された。
数あるモデルの中で軽さと走りと折り畳みのしやすさのトータルバランスの完成度の高さからBirdyはヨーロッパ各国のみならずアメリカや日本をはじめとするアジア各国でも絶大な人気を誇る折り畳み自転車です。
20インチホイールの自転車は走行性を重視しますのでその反面コンパクト性を失い、16インチ以下のホイールサイズの自転車はコンパクト性、携帯性を重視 しますのでその反面走行性が伴ってきませんがBirdyは18インチホイールサイズを使うことで軽さと走りとコンパクトさのトータルバランスで考えますと最 も優れた世界NO 1の自転車です。
18インチの小径ホイールでありながらホイールベース(前輪、後輪の車軸間の距離)は通常の26インチのMTBとほぼ変わらないので走行 性は安定があり軽快です。
トータルバランスでの評価からBirdyの人気は不動のものとなりました。
そのBirdyも初期モデルは1995年本国ドイツで先行 販売となり日本へは1996年、商標登録の関係もありBirdyではなく「BD-1」という名称にて販売が開始されております
作業手順
アルミサッシや自動車と同じ手順ですので省かせていただきます、、、
軽量で丈夫そしておしゃれです、私も購入する予定です、、、