カテゴリー別アーカイブ: 白木

補修例 木部 補修教室

傷補修前

傷補修中


傷補修後

コメント
補修教室実践編です
現場は三重県の小学校新築工事
中堅ゼネコン様からの依頼です
まずはハードワックスを充填します
色は3色~4色使用
次に木目を再現しておしまいです
15分程度の作業ですが
教室の生徒には1時間程度かかります。

補修例 和室 白木

キズ補修前

キズ補修後


コメント
水漏れ事故による和室白木の変色です
作業手順
1、白木再生作業(詳細は割愛いたします)
しみも完全にとれて日焼けによる変色も無くなり
新築時の白木に戻りました
下枠が綺麗になりますと縦枠、上枠との兼ね合いが
おかしくなりますから4方枠すべて再生致しました
ピッカピカです、、、
弊社主任の仕事です。

補修日記 シロアリ被害

傷補修前
017
内部
021
傷補修後
006
傷補修前
018
傷補修後
009
007
securedownload
コメント
シロアリ被害による敷居の補修依頼です
まずは被害箇所の表面を剥がした上で内部もかき出しました
021
内部を木材、セメント、ポリエステルパテなどで強度を持たせて埋めていきます
003
006
ベースカラーを吹き付けた後仕上げの木目書きを行います
古民家の風合いを再現していきます
仕上げで艶を合わせて(3分艶)完了です
補修箇所を叩いてみましたが鈍い音がします、強度が保たれています、、、
お施主様もたいへん喜んでくださり撤収となりました
色付けは2時間もかかりませんでした
今回も補修で完璧になおりました、ここで直らない場合は敷居ごと取替え作業となります、材料の手配、職人さんの手配、搬入、施工、多大な費用と時間を要します、
傷補修工事で済めば大幅なコスト削減が実現できます

補修日記 白木

傷補修前
013
傷補修後
014
コメント
マンションの和室 敷居のキズです
作業手順
木工パテ入れ
木目書き
以上です
極めてシンプルですね
白木補修の注意点は経年劣化による変色対策です
いつものことですが ここで直らない場合は敷居にタンパン貼り作業となります、材料の手配、職人さんの手配、搬入、施工、多大な費用と時間を要します、
傷補修工事で済めば大幅なコスト削減が実現できます、
今日もお客様の利益を考え、笑顔を絶やすことなく責任を完遂できました

補修日記 名古屋 白木

傷補修前(木部再生前)
027
傷補修後(木部再生後)
030
これでもまだ完璧ではありません、黒ずみの原因は単に汚れだけではありません。

腐食菌とカビに起因することが多いことをご存知ない方が大勢みえます、私もその一人でした、腐食菌とカビに効果がある木材復元作業には専用の技術と材料が必要です。
カビの胞子を吸い続けると、気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、過敏性肺炎を引き起こす可能性があります。またカビが体内で増殖すると、クリプトコックス症やアルペルギルス症、また、カビ毒で食中毒など引き起こす場合も、まれにあります。
カビをあまく見ているとたいへん危険です。
カビを完全に除去ししかも木材を復元する仕事はたいへんやりがいがあります。