タグ別アーカイブ: 名古屋市

補修例 キッチン ステンレス

キズ補修前

キズ補修後

コメント
賃貸マンションのキッチン、ステンレスの削れ傷です
作業手順
凹んでおりますのでアルゴン溶接機の出番です!
角の補修は面倒です、引っ張っても出てきません、溶接して熱でへこんだ場合はたいへんです、、、
以前にも書きましたが小生家系がもともと鉄鋼業ですので溶接は強いです
もちろん弊社スタッフにも伝授いたします、、、
今のところアルゴン溶接での失敗はありません、、、(自慢かい!笑)
まずは基本的にはアルゴン溶接ですが詳細は控えさせていただきます、、、
溶接して熱の影響でへこんでしまうと大変です、、、
今回は厚みがありますので溶接可能です
うまくいきました、
次に研磨に入ります、80番100番180番240番
仕上げの荒目、中目、細め、
具体的には割愛させていただきます
他の面の風合いに合わせてサテン仕上げです
完璧な出来栄え、元 エクステリア職人の弊社スタッフの仕事です
半日強で仕上がりました、、、
いつもの事ながらここで直らない場合はシステムキッチンの交換作業となります、部材の手配、職人さんの手配、搬入、施工、多大な費用と時間を要します、
傷補修工事で済めば大幅なコスト削減が実現できます、
今日もお客様の利益を考え、笑顔を絶やすことなく責任を完遂できました

補修日記 タイル

キズ補修前

キズ補修後

コメント
とある商業施設の壁面タイルの補修でした
作業手順
いつも通り面を慣らしてから
タイル用の特殊パテを入れ込みます
目地を再生して
調色した塗料を吹き付けます
水周りですし艶もあるため
ウレタン2液のネタを使用
細かな色の点付けをして
完了

補修日記 階段

キズ補修前

キズ補修後

キズ補修中

コメント
階段に何か重い物を落とされたらしく
大きくえぐれかけておりました
作業手順
接木して強度を持たせます
面だしをして
色を再生します
補修面の保護のため念入りに
クリアを何層にも吹き付けていきます
完成
30分程度の作業でした

補修日記 戸あたり

キズ補修前

キズ補修後

コメント
たて枠の戸あたりです
大きく膨れていたところを除去してありました
作業手順
まずはバリ取りです
樹脂を入れて面出し
目をつぶって触って確かめます
完全に面が出たら
ベース色の吹きつけ作業に入ります
この段階で木目が消えてしまいましす
筆にて木目を再生
艶調整のため吹きつけ作業をして
完成となります
普段はここまではしませんが
ご要望により応えさせていただきます

補修日記 化粧ケイカル板

キズ補修前

キズ補修後

コメント
DICフネンの化粧ケイカル板の補修です。簡単ではありません。
基本的な作業手順です
1、ポリエステルパテ充填。
2、サンドペーパーで研磨。(面出しと同時にウレタンのくいつきを良くします)
3、2液性ウレタン塗装。
4、完全硬化を待って(超微粒子で吹き付けますから早いです)コンパウンド、さわっても違和感なく仕上がります。
この化粧ケイカル板はトイレに使っています、価格が安いため使用される物件が増えてきております。
硬質塗装された壁面についている傷で、補修しても水回りの為、お客様が何度も雑巾等で拭き掃除をすると、傷が浮かび上がってくることがよくあります、補修できる化粧ケイカル板ですが、通常補修業者は敬遠し、丁重にお断りをされます。ですから、お客様は泣く泣く、パネルを撤去し貼り替える作業を行います。
その中、補修できるタイプなら率先して補修する業者の1社が弊社です。勿論見てダメなものはダメと判断しますが、、、大型マンションの場合、300戸もあったとすると、25戸位は壁面の傷が上がるので、その内10戸でも補修が可能であれば非常に喜ばれます。なぜなら、張り替えるともなればじつに4業者にもまたがり、貼り替えの材料費迄入れると約12~13万以上掛かります。30戸もあると300万以上の費用が掛かります、またどの業者が負担するのか必ず揉めます。補修ですむなら、1日で3戸位は補修が出来、1日3万円代で済みますので、費用配分もかなり助けることができます。補修することによって大幅なコストカットが実現できます。

補修日記 手の甲静脈認証システム

手の甲静脈認証システム VP-II
最近入っている現場はハイテク入場システム
が導入されておりました

キズ補修前(このキズは序の口ですがわけあって酷い傷はアップできません、、)

キズ補修後

作業中

コメント
大型商業ビル内世界的な服飾メーカーの店舗
無垢のフローリングのキズです
その数 実に数千個、、、、
17年ほどこの仕事に携わっておりますが
最高記録です
この現場にスタッフ3名を投入して
6日ほどかかりました
作業手順
樹脂を広範囲に入れてまいります
キズ以外に付着した余分な樹脂を
完全に除去します
筆はほとんど使わずに
樹脂のみで色合わせしていきます
艶調整をして完成
ノンワックス仕様の仕上げです
作業中はヘルメットはもちろん
安全帯まで必要な現場でした
大手ゼネコンの管理は凄いです、、、
ここで直らない場合はフローリングの張替え作業となります、材料の手配、職人さんの手配、搬入、施工、多大な費用と時間を要します、
傷補修工事で済めば大幅なコスト削減が実現できます、
今日もお客様の利益を考え、笑顔を絶やすことなく責任を完遂できました

補修日記 ステンレス

キズ補修前


キズ補修後

コメント
レンジフード、ステンレスのくすみです
お掃除業者さんからの依頼でした
いわゆるクレーム処理でした
作業手順
まずは中性洗剤から始めてまいります
効果なく特殊な研磨剤と界面活性剤を使用して
作業を進めます
徹底的に磨き上げていきます
レンジフード、キッチンパネル
ピッカピカです
完璧な仕上がりです
弊社スタッフの仕事です、、、

補修日記 建築事務所玄関ドア

キズ補修前(すいません パテ込み後です 汗)
玄関ドアリフォーム
玄関ドアリフォーム
キズ補修後
玄関ドアリフォーム
コメント
某建築事務所様の玄関ドアの傷補修です
ピンククラウンそっくりの色合いです
艶もありたいへん難しい仕事です
建築のプロの玄関ドアですからなおのこと
神経をつかいました、、、
作業手順
凹み、クラック、隙間などはパテで処理していきます
完全に面を出していきますが
ペーパーがけしていくと表面のクリア層だけがくいつきが
悪く、剥がれてしまいます、
エポキシ系サフで抑えながら仕上げていきます
最後に同系色の2液性ウレタンを1.1口径の狭めの
ガンで吹き付けます、1.3ですと広がりすぎて
ムラが出る可能性がございます
枠、ドア、完璧に仕上がりました
今回は工場に持ち込まず現場で仕上げました

補修日記 アルミサッシ

傷補修前
001
傷補修後
002
コメント
安城市の戸建て住宅です
平凡なアルミサッシのキズ補修です
おなじみのステンカラーです
作業手順
とりあえず補修面を荒らして足付け作業から始めてまいります
ポリパテを入れて面出しします
多くの補修作業員は一発でこれを済まそうとして厚つずけしますが、、、
理論的には3回必要です
面がでたらサーフェイサーを吹き付けます
目の細かいペーパーで仕上げて
最後にネタを吹きつけます
弊社スタッフの仕事です
半日あれば充分直ります、、、
今回も補修で完璧になおりました、ここで直らない場合はアルミの部位ごと取替え作業となります、材料の手配、職人さんの手配、搬入、施工、多大な費用と時間を要します、
傷補修工事で済めば大幅なコスト削減が実現できますし納期を守れます。

補修日記 アルミサッシ錆

傷補修前
002
傷補修後
securedownload
傷補修前
001
傷補修後
034
コメント
アルミサッシ玄関ドアの錆です
アルミも錆ます、、、、
コメント
まずはサビ取りです、しっかり落として
面を整えます
サビどめをしてから下塗り
032
上塗り、すべてガンで吹きつけます
お客様の希望でブラックステンカラーです
当日は強風のため作業が難航しましたがうまくいきました