補修例 ガルバリウム鋼板

きず補修前

きず補修後


コメント
ガルバリウム鋼板の傷 30箇所ございます
ガルバリウム鋼板は工場で焼き付け加工をしている材料ですからメーカーから出してもらう
タッチアップ塗料を安易に塗布しても綺麗に馴染ませる事ができない場合があります
作業は高度な技術を要します
弊社で補修できるガルバリウム鋼板ですが、通常補修業者は敬遠し、丁重にお断りをされます。
ですから、お客様は泣く泣く、パネルを撤去し貼り替える作業を行います。
その中、補修できるタイプなら率先して補修する業者の1社が弊社です。
貼り替えの材料費,人件費を入れるとそうとうな費用が掛かります。
補修ですむなら大幅なコストカットが実現できます。

「補修例 ガルバリウム鋼板」への1件のフィードバック

  1. 注文の細かい施主に困ってます。ガルバリュウムカラー鋼板の傷の補修でタッチアップでは納得してもらえません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)