補修例 キッチン ステンレス

キズ補修前

キズ補修後

コメント
賃貸マンションのキッチン、ステンレスの削れ傷です
作業手順
凹んでおりますのでアルゴン溶接機の出番です!
角の補修は面倒です、引っ張っても出てきません、溶接して熱でへこんだ場合はたいへんです、、、
以前にも書きましたが小生家系がもともと鉄鋼業ですので溶接は強いです
もちろん弊社スタッフにも伝授いたします、、、
今のところアルゴン溶接での失敗はありません、、、(自慢かい!笑)
まずは基本的にはアルゴン溶接ですが詳細は控えさせていただきます、、、
溶接して熱の影響でへこんでしまうと大変です、、、
今回は厚みがありますので溶接可能です
うまくいきました、
次に研磨に入ります、80番100番180番240番
仕上げの荒目、中目、細め、
具体的には割愛させていただきます
他の面の風合いに合わせてサテン仕上げです
完璧な出来栄え、元 エクステリア職人の弊社スタッフの仕事です
半日強で仕上がりました、、、
いつもの事ながらここで直らない場合はシステムキッチンの交換作業となります、部材の手配、職人さんの手配、搬入、施工、多大な費用と時間を要します、
傷補修工事で済めば大幅なコスト削減が実現できます、
今日もお客様の利益を考え、笑顔を絶やすことなく責任を完遂できました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)