補修例 ステンレス

キズ補修前

キズ補修後

コメント
ステンレス製沓摺りの溶接跡の補修依頼です
作業手順
もともとキズ補修する場合はアルゴン溶接をしますから
今回は溶接後の作業だけで終わります
詳細は割愛させていただきます
細部にわたり完成度を高めていきます
ヘアラインまで完璧に仕上げて終了です
いつもの事ながらここで直らない場合は
くつづりの交換作業となります、
材料の手配、職人さんの手配、搬入、施工、
多大な費用と時間を要します、
傷補修工事で済めば大幅なコスト削減が実現できます、
今日もお客様の利益を考え、
笑顔を絶やすことなく責任を完遂できました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)