補修例 国立大学 化粧パネル

リペア前


リペア後

リペア前

リペア後

コメント
某国立大学内の化粧パネルの継ぎはぎ部分の補修依頼です
塗料は現地で調色しました
色合い、艶まで完璧に合わせます
非常に難しい作業です
色艶共に完璧に合わせることに成功しました
あとはパテで整形して
スプレーガンで吹き付け塗装して完了
全塗装しなくても部分塗装で大丈夫でした

スプレーガン
●ノズル径(mm):1.3
●所要圧縮機(kW):2.2
●空気使用量(L/min):265
●パターン開き(mm):240
●霧化段階:-
●質量(g):450
●重力式
●カップ取付口:G1/
4●エア取付口:G1/4
●アルミダイカスト
●生産国:ドイツ

化粧パネルの補修はムラが出ることがあり
また塗料の色合わせが極めて難しい作業です
弊社のホームページを見て同業者が安易に引き受ける仕事ではございません
弊社ではクレーム発生率0です
今回も補修で完璧になおりました、ここで直らない場合はパネル全体を
取替え作業となり多大な費用と時間を要します、
傷補修工事で済めば大幅なコスト削減が実現できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)