補修日記 名古屋 大理石テーブル

傷補修前
064
傷補修後
068
コメント
以前補修したイタリア製天然大理石の写真が出てきましたのでアップ致しました。
傷ではなく完全に割れていますね、こういった場合まずは裏打ちをしなければなりません、頑丈な木材、カーボンなどで補強してからの補修作業になります、見るからに高級そうなテーブルです。石材は石材で専用の材料が必要になります、アメリカ製のあればドイツ製、日本製など様々です。
ここで直らない場合は廃棄処分となります、新しいテーブルの手配、職人さんの手配、搬入、施工取り付け、多大な費用と時間を要します、
傷補修工事で済めば大幅なコスト削減が実現できます、
今日もお客様の利益を考え、笑顔を絶やすことなく責任を完遂できました
感謝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)