タグ別アーカイブ: アルミサッシ、キズ補修、名古屋市、アルミサッシ、三重県

補修例 アルミサッシ

リペア前

リペア後

コメント

戸建て住宅アルミサッシの穴の補修依頼です

現場で調色した塗料をスプレーガンで吹き付けて完成させました

色むら もやつき 一切ございません

費用 他にも木製品やフローリングなども直しましたのでアルミ部分だけで計算すると5000円程度です

ガン

エアキャップ TE10 TE20
霧化方式 LVMP LVMP
吹付空気圧力(MPa) 0.2
空気使用量( L/min.) 270
塗料吐出量( g/m) 160-190
パターン(mm) 290-310 285-300
フルイドチップ素材 ステンレス
ニードル素材 ステンレス

補修例 エレベータ枠

キズ補修前

キズ補修後

キズ補修前

キズ補修後

コメント
新築マンションのエレベーター枠の傷です
ゼネコン様からの依頼でした
調色したウレタン系塗料のスプレーガンでの
吹き付け作業です
このマンションのすべての傷は弊社が直します
フローリング、柱、建具、アルミサッシ、ステンレス
玄関ドア、エレベータードア、コンクリート部分等すべてです
2名~3名で一ヶ月以上かかります、、、
ここで直らない場合は部材ごとすべて取替え作業となります、
材料の手配、職人さんの手配、搬入、施工、多大な費用と時間を要します、
傷補修工事で済めば大幅なコスト削減が実現できます。

補修例 アルミ出窓カウンター

傷補修前

傷補修後

コメント

大きなホテルの出窓アルミ製カウンター傷補修です

写真でも判るとおり傷だらけです

現場で調色した塗料をスプレーガンで吹き付けて完成させました

色むら もやつき 一切ございません

ガン

●ノズル径(mm):1.3
●所要圧縮機(kW):2.2
●空気使用量(L/min):265
●パターン開き(mm):240
●霧化段階:-
●質量(g):450
●重力式
●カップ取付口:G1/4
●エア取付口:G1/4●アルミダイカスト

補修例 アルミサッシ曲がり

キズ補修前

キズ補修後

コメント
アルミサッシの曲がりです
新築戸建て住宅でした
作業手順
叩いて曲がりを修正します
特集工具で直線を再現します
傷ついた部分をパテで整形
色あわせ
拭きつけ塗装
艶調整
2時間弱で終わります。
アルミサッシの曲がり修正作業は高度な技術を要します
弊社においては補修できる作業ですが、
通常同業者は敬遠し、丁重にお断りをされる場合がございます
その中で率先して補修するのが弊社です、
補修で直らない場合のサッシ交換の材料費,人件費を入れると
そうとうな費用が掛かります。
補修ですむなら大幅なコストカットが実現できます。

補修例 アルミサッシ

傷補修前

傷補修後

コメント
アルミサッシの曲がりです
新築戸建て住宅でした
作業手順
叩いて曲がりを修正します
特集工具で直線を再現します
傷ついた部分をパテで整形
色あわせ
拭きつけ塗装
艶調整
2時間弱で終わります。
アルミサッシの曲がり修正作業は高度な技術を要します
弊社においては補修できる作業ですが、
通常同業者は敬遠し、丁重にお断りをされる場合がございます
その中で率先して補修するのが弊社です、
補修で直らない場合のサッシ交換の材料費,人件費を入れると
そうとうな費用が掛かります。
補修ですむなら大幅なコストカットが実現できます。

補修例 アルミサッシ

傷補修前

傷補修後

コメント

三重県 障がい者施設のアルミ製ドアの傷補修です

大型ドアです、スプレー缶での補修は不可能です

現場で調色した塗料をスプレーガンで吹き付けて完成させました

色むら もやつき 一切ございません

ガン
 
エアキャップ TE10
霧化方式 LVMP
吹付空気圧力(MPa) 0.2
空気使用量( L/min.) 270
塗料吐出量( g/m) 160-190
パターン(mm) 290-310 285-300
フルイドチップ素材 ステンレス
ニードル素材 ステンレス

補修例 アルミサッシ一軒分色変え

傷補修前

傷補修後

傷補修前

傷補修後

コメント
珍しい仕事です
関西の大手設計事務所様からの依頼で
兵庫県川西市まで出張してまいりました
新築戸建て住宅のアルミサッシの色をシルバーからブラックに
して欲しいと声がかかりました
3名で2日かかりました
サッシ 枠 レール すべて塗装致しました
塗料には強化剤も配合して強化しました

補修例 アルミサッシ

キズ補修前

キズ補修後

キズ補修前

キズ補修後

コメント
新築マンションのアルミサッシの補修依頼です
どうやったらこんなにボコボコになるのでしょうか、、、
傷が大きく深いものもあるためパテ込みから始めます、
単色ですから作業的には高度な技術を必要としません。
このようなアルミサッシの表面材は密着性を高める必要がございますので基本的にはプライマーを吹き付ける場合が多いです。
簡単に考えていきなり吹きつけ作業をしてしまいますと、後々直射日光にさらされるため劣化してしまうことがあります、
そこらへんを踏まえて作業する必要があります、
最後にウレタンを吹き付けて耐久性を高めて仕上げます、あくまでお客様との打ち合わせを元に進めて行きます。
このような傷補修が延々夕方までつずきます、、
健康管理も大事な心得ですから、マスクは欠かせません、防塵性の高い高価な物を使用しております。
いわゆるガスマスクです、かぶったまま場外に出ますと異様な風体に皆さんじろじろ見てこられます(笑)

補修例 やり直し

傷補修前

傷補修後

コメント

同業者の塗装ムラを再補修して欲しいと

依頼がございました

塗料は工務店支給で、簡単なはずですが、、、

ガンが小さすぎたのでしょうか

デビルスで充分うまくいきました

モデル GTi-Pro LITE
エアキャップ TE10 TE20
霧化方式 LVMP LVMP
吹付空気圧力(MPa) 0.2 0.2
空気使用量( L/min.) 270 380
塗料吐出量( g/m) 160-190 170-200
パターン(mm) 290-310 285-300
付属カップ容量(ml) 560
重量(ガンのみ) 446
重量(ガンとカップ) 623
エアキャップ素材 真鍮
フルイドチップ素材 ステンレス
ニードル素材 ステンレス
エア入口 1/4

補修例 アルミサッシ

キズ補修前

キズ補修後

コメント

サッシメーカー様からご推薦を受けて

とある研究所のアルミ部分のキズ補修です

スプレー缶でできるような仕事ではありません。

作業手順

1 バリ取り後、パテで傷を塞ぎ、面出しします

2 耐久性を持たせるため、ウレタンで調色してスプレーガンで吹

き付けします

3 その上にウレタンクリアー3分艶で上塗りして完成していきま

かなりの数があり3人体制で2週間ほど入りました。

一部上場企業でもあり機材の搬入搬出にはかなり神経を使います