タグ別アーカイブ: 東京

補修例 ステンレス

傷補修前

傷補修後

傷補修前

傷補修後

コメント

ステンレスの凹み傷二箇所です

基本的にはアルゴン溶接ですが詳細は控えさせていただきます、、、
溶接して熱の影響でへこんでしまったり溶けてしまうと大変です、、、
うまくいきました、
次に研磨に入ります、80番100番180番240番
仕上げの荒目、中目、細め、
これで面は出ますがヘアラインの再生が必要になります
これらの作業は結構力仕事です
やりがいのある仕事ですが体力勝負です、、、
ヘアラインも再生して艶も調整します
補修箇所周辺のぼかしも必要です、若干白みがかるからです、
今回も補修で完璧になおりました、ここで直らない場合はステンレスの部位ごと取替え作業となります、材料の手配、職人さんの手配、搬入、施工、多大な費用と時間を要します、
傷補修工事で済めば大幅なコスト削減が実現できますし納期を守れます

補修例 化粧ケイカル板

傷補修前

傷補修後

塗料

傷補修前

傷補修後


コメント
トイレブースの化粧ケイカル板です
化粧ケイカル板補修は同業者が失敗する例が多く、安易に受ける仕事ではありません。
作業手順
1、下処理後にポリエステルパテ充填。   2、サンドペーパーで研磨。(面出しと同時にウレタンの
3、下塗り(最も技術を要する作業です)
4、特殊ウレタン塗装(調色、調合)
5、通常、完全硬化を待って(超微粒子で吹き付けますから早いです)
コンパウンドで仕上げ、さわっても違和感なく仕上がります。   
この化粧ケイカル板は価格が安いため使用される物件が増えてきております 
硬質塗装された壁面についている傷で、補修しても水回りの為、
お客様が何度も雑巾等で拭き掃除をすると傷が浮かび上がってくることがよくあります、
補修できる化粧ケイカル板ですが、通常補修業者は敬遠し、丁重にお断りをされます。
ですから、お客様は泣く泣く、パネルを撤去し貼り替える作業を行います。
その中、補修できるタイプなら率先して補修する業者が弊社です。

補修日記 銀座

キズ補修前
022
キズ補修後
024
023
コメント
東京銀座の飲食店での仕事です
けやきのテーブルです、、、
割れております、、、
朝3時に出発しました!
強度を考慮して補修していきます
木目書きが大変で、方向変色をおこします、この手の部材は必ずおこります
何度も経験していくとやがて容易にできるようになっていくものです、、、
最後に艶調整をして完了です
フロアチーフの確認を得て帰途につきます
さすがに長時間ドライブはこたえますね、、、
立派なお店のこれまた立派なテーブルを補修させていただき
感謝です、、、