補修日記 名古屋 建具

傷補修前
021
傷補修後
022
コメント
今日も傷補修は昨日と同じ大型介護付き高齢者向け住宅です、部屋数にして80以上ございます、かなり大型ですね。
今日は建具(ドアー等)木枠(柱部分)の傷が大半です、
写真の建具の不具合は最初アルコールかシンナーで簡単に取れると思いました、が、取れません、完全に染み込んでしまっております、補修が必要です、筆で丹念に色を入れていきます、綺麗に直りました!
こちらの物件は1階に医療機関、2階にデイサービス、2~9階にはサービス付き高齢者向け住宅を備えた複合型施設。
既に泌尿器クリニック、歯科クリニック、調剤薬局の出店が確定しておられるそうです。
これくらい大きな物件になるとそれ相応の傷補修が必要になってきます、本日も補修作業人員は2名で進めてまいります、吐き出しのサッシ枠の傷が多かったです。
外部に出入りする際にどうしても傷が付きやすくなります。
しかしながら補修することによってすべての傷がまったくわからなくなりました
朝から夕方まで延々とこのような作業が続きます。
いつもの事ですが、ここで直らない場合は部位の張り替えもしくは交換作業となります、材料の手配、職人さんの手配、搬入、施工、多大な費用と時間を要します、竣工に間に合わない可能性もございます、、、
傷補修工事で済めば短い手直し期間と大幅なコスト削減が実現できます、
今日もお客様の利益を考え、笑顔を絶やすことなく責任を完遂できました、スタッフもよく頑張ってくれました。
感謝、、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)