補修日記 造作 名古屋

補修前

木枠の補修

補修後

木枠の補修

コメント

今日の補修作業は新築マンションの造作(木部)の手直しです、愛知県内、特に名古屋市では新築マンションがかなり出来上がってきております。こちらのマンションは中規模クラスでした、100戸未満です、お客様が見に来られる前に完璧に仕上げていきます、1名のスタッフが朝から夕方5時までに写真のような傷を100箇所以上仕上げるタイトな要請です。お客様の信用が第一と考え、日々業務に取り組んでいる以上、仕上げなければいけません。 休憩もほとんど取らず場内を次から次えと移動しながら直していきます、白基調ですが薄い木目が入った木枠、額縁ですので作業は簡単ではありません、凹み部分に樹脂を入れ完全に面を出します、大きな傷の場合どうしても樹脂だけでは完全には直りません、そこで同色の吹きつけ塗装をする必要があります、しかし木目が消えてしまいます、極少量吹き付けるか、木目再現する必要があります、筆で書き込んでいくデリケートな作業になります、しかし時間の制約との戦いもあります、腕の見せ所といったところでもあります。このような傷補修を何回も何回も繰り返していくわけです。木枠や額縁といった箇所に加えて、棚板、建具などの傷補修もございます、角の補修しやすい場所もあれば奥の手の届きにくい場所にも傷はあります、建具の表面の傷が一番難しく、スタッフの力量が問われる場面です。直らなければ交換すればいい話しですが部材の発注、納入、取り付け工事等、費用がかさみますから補修で済ませれば一番低コストで済みます。作業が忙しく、写真を残す暇が取れないのが残念ですが、写真の傷以外にも、ビス穴、めくれ、欠け、段差なども出てきます、パテを広範囲で入れて、面だし、吹きつけ塗装したりもしました。なんとか五時までにノルマを達成出来ました!お客様(工務店、ゼナコン様)にも大変喜んでいただきまして本日の作業が終わりました、12月から4月まで繁忙期となります、よりよい仕事を低コストで笑顔をもって明日からもがんばります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)