補修日記 巾木&ビンテージカー

傷補修前
004
傷補修後(肉眼では問題ありませんが高能力なカメラにはかないません、、、黒っぽく表現されてしまいまして、、、)
007
補修過程
005
006
完成
007
コメント
巾木の大きな傷補修です,
お手伝いさんがおみえになる豪邸っです。
時計が脱落してついたキズです
作業手順
ハードワックスではキズが大きすぎますね、
プレーンスティックでいきます、ポリパテを使おうかとも思いましたが前記道具でいきます
開業当時の17年ほど前はプレーンスティックがメインの補修道具でした、、、
大物キズには向いています、
電気コテで丹念に整形していきます、直線を出すためにペーパーを使用します
写真ではわかりにくのですが、曲面、くぼみなどを再現します
あとは色あわせと木目書きです、最後に艶調整です
お客様からOKをいただき次の現場に向かいます、、、
が、お客様から愛車を見せていただくことになりました。
小生 大の車好き!
素晴らしいクラッシックカーコレクション!拝見しただけでその台数5台!
写真のお車はジャガーHK150 1958年モデル こちらのお車でイタリアのラリーにお出になるそうです!
奥様がナビゲーターに、、、この他にロールスロイス、アルファロメオなどのビンテージが並びます
009

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)